News

裏見の滝(栃木県)

2017/07/19




竣工:2011年度

土湯温泉 無散水融雪見学体験展望デッキ(福島県)

2017/07/05





・土湯温泉 無散水融雪見学体験展望デッキ
・経済産業省 地熱開発理解促進関連事業
・磐梯朝日国立公園

・基礎:ロックファウンデーション工法
・構造:アルミ合金
・床板:再生木材
・高欄:再生木材(アルミ合金芯材)

磐梯朝日国立公園特別地域内の土湯温泉は、2011年の東日本大震災以降、原発事故の風評被害もあって廃業が目立つ温泉地でした。土湯温泉の復興再生の為に再生可能エネルギー(地熱利用・水力)による発電・省エネに取り組み、全国から注目されることで、震災復興と地域活性が図られています。その発電施設を年間を通じ安全に見学できる様にする為、熱水(温泉水)を活用した無散水融雪機能を備えた展望デッキが整備されました。斜度45度の急傾斜の岩盤に人力だけでロックファウンデーション基礎を施工。床板下部に取り付けられた融雪配管は内部を温泉水が通り、その熱で再生木材が温められ、床板の雪や氷を融かす仕組みになっています。

じょーもぴあ宮畑(福島県・宮畑遺跡)  

2017/06/23




・じょーもぴあ宮畑(宮畑遺跡)
基礎:ピンファウンデーション工法
構造・高欄・床板:ハードウッド(イペ)
貝塚・古墳・城跡・植物天然記念物(遺跡・史跡)などの整備で、ピンファウンデーション基礎工法が採用されています。
史跡に木道やデッキを計画するとき、その基礎をコンクリート基礎で考えてしまうと、運搬・施工時に重機が必要な場合もあり、工事の際に史跡を荒らしたり、傷付けてしまう場合もあります。この点に関して、ピンファウンデーション工法を使うと、文化財の保護を第一に考えた設計をし、史跡に配慮した人力施工が可能です。

天童公園(山形県)

2017/06/12



竣工:2017年
基礎:ピンファウンデーション工法
構造・高欄:アルミ合金
床板:再生木材ドゥーザーウッド

山形市野草園(山形県)

2017/06/07






・山形市野草園
竣工:2002年
基礎:ピンファウンデーション工法
構造:アルミ合金
床板・高欄:ハードウッド

船岡城址公園(宮城県)

2017/05/15



竣工:2011年3月
基礎:ピンファウンデーション工法

国営みちのく杜の湖畔公園(宮城県)

2017/05/09



基礎:ピンファウンデーション工法
竣工年:2013年

大川遊歩道(滋賀県)

2017/04/12

ピンファウンデーション工法を採用した遊歩道です。床板と高欄は、再生木材ドゥーザーが採用されています。

震災メモリアルパーク中の浜(岩手県)

2017/04/10





三陸復興国立公園
基礎:ピンファウンデーション工法 ダイヤモンドピアー
竣工:2014年度

第33回全国都市緑化よこはまフェア 里山ガーデン(神奈川県横浜市)

2017/03/28



・森の空中散歩道(GL-FL高さ:約9m、延長:84.6m)


・花の見晴らしデッキ(楕円部床面積:215m2)

・第33回全国都市緑化よこはまフェア 里山ガーデン(横浜動物の森公園)
・竣工:2017年3月
・基礎:ピンファウンデーション工法
・構造:スチール
・高欄:ガラス・スチール