News

簡易基礎工法

ピンファウンデーション

自然環境を守り様々な場所に対応する新工法

ピンファウンデーション

ピンファウンデーション工法は国土交通省の新技術情報提供システム
「NETIS」(登録番号:KT-090066)に登録された工法です。

特徴

  • 01.軽量なので人力で運搬できる
  • 02.重機を必要とせず、ハンディタイプの電動工具だけで施工できる
  • 03.地盤の掘削、埋め戻しが不要である。
  • 04.施工が簡単なので工期短縮ができる
  • 05.自然環境にあたえる影響が非常に少ない

アプリケーション

重機が進入できない場所

重機が進入できない場所

自然環境を守りたい場所

自然環境を守りたい場所

急斜面で通常基礎では設置の難しい場所

急斜面で通常基礎では
設置の難しい場所

湿地帯で通常基礎では設置の難しい場所

湿地帯で通常基礎では
設置の難しい場所

水の抜けない場所

水の抜けない場所

砂地等で通常基礎では設置が難しい場所

砂地等で通常基礎では
設置が難しい場所

桜や梅などの花を観賞するための場所

桜や梅などの花を
観賞するための場所

重要な史跡や大切な樹木がある場所

重要な史跡や大切な
樹木がある場所

地盤の凍結深度が深い場所

地盤の凍結深度が深い
場所

他の基礎工法では難しい場所

他の基礎工法では
難しい場所

施工方法

従来のコンクリート基礎工法では、地面を大きく掘削し、重機で基礎ブロックを搬入するのが一般的ですが、このピンファウンデーション工法は、重機を使用せず、地盤面の大きな掘削もありません。
アプリケーションとしては、重機が搬入できないような場所や大切な自然環境を守りたい場所等の基礎に最適です。
また、在来工法では設置できないような軟弱地盤(換算N値 0.5~2.0)にも対応可能です。
施工手順
構造図
構造図
01.掘削(定着ブロックを置くだけ 小さなショベルのみ使用)
02.運搬(定着ブロック、打込みピンともに軽量 人力で運搬が可能)
03.設置(電動工具でピンを打込むだけ)
04.埋め戻し(不要)