News

じょーもぴあ宮畑(福島県・宮畑遺跡)  

2017/06/23




・じょーもぴあ宮畑(宮畑遺跡)
基礎:ピンファウンデーション工法
構造・高欄・床板:ハードウッド(イペ)
貝塚・古墳・城跡・植物天然記念物(遺跡・史跡)などの整備で、ピンファウンデーション基礎工法が採用されています。
史跡に木道やデッキを計画するとき、その基礎をコンクリート基礎で考えてしまうと、運搬・施工時に重機が必要な場合もあり、工事の際に史跡を荒らしたり、傷付けてしまう場合もあります。この点に関して、ピンファウンデーション工法を使うと、文化財の保護を第一に考えた設計をし、史跡に配慮した人力施工が可能です。

秋葉の森総合公園(埼玉県)

2017/01/20

竣工年:2008年

基礎:ピンファウンデーション

構造:アルミ合金

床・地覆:イペ

泉佐野丘陵(大阪府)

2016/08/17


湿地帯のため軟弱地盤に強いピンファウンデーション工法で木道が整備されました。

新潟県スポーツ公園自然生態園(新潟県)

2016/07/29

 

 

新潟県新潟市にある鳥屋野潟に隣接した新潟県スポーツ公園内に木道を施工しました。

構造部から床・高欄までイペやボンゴシといったハードウッドを使用しております。

新江ノ島水族館(神奈川県)

2014/10/16

南米産のハードウッド「イペ」を使った木道が新江ノ島水族館に完成しています。

大滝山(香川県)

2013/10/15

雨が降った後など、小川ができた時に渡ることができる階段を設置しました。材料は、登山道を歩いて運びました。

竹野スノーケルセンター(兵庫県)

2012/05/02

海岸へ降りていく木製階段を設置しました。基礎には、ピンファウンデーション工法が採用されています。擁壁近くの基礎は、スピードパイルにすることで、擁壁と干渉しないようにしています。床板とフェンスは、イペ材を、構造材にはアルミを使用しています。

霧降高原(栃木県)

2011/12/28


霧降高原での階段。

四天王寺悲田院(大阪府)

2011/10/17

施工: 2011年10月

床板にイペ、構造材にアルミを使用した木道です。

岡本桜坂(兵庫県)

2011/04/07

施工:2010年2月

テーブルとベンチを設置しました。木材はイペを使用しています。

12