News

駒止の滝 観瀑台(栃木県)

2017/09/27






那須高原に流れ落ちる、翡翠色の滝壺が美しい駒止ノ滝。その滝を見下ろすことができる観瀑台は重機が使用できない岩盤の斜面に建ち、GL-FL高さは最大で約8.5mあります。基礎には岩盤用簡易基礎工法のロックファウンデーション工法が採用され、人力のみで基礎を施工しています。床板と高欄には栃木県産材の八溝(やみぞ)杉を使用し地産地消に貢献するとともに、温かい質感の木材を採用することで景観との調和を図っています。

日光国立公園 駒止の滝
竣工:2010年
基礎:ロックファウンデーション
構造:スチール
床板:スギ
高欄:アルミ合金+スギ

ヨシ沼園地(栃木県)

2017/09/11



基礎:ピンファウンデーション工法
竣工:2004年

牛池園地(群馬県)

2017/08/31




群馬県吾妻郡嬬恋村 上信越高原国立公園
基礎:ピンファウンデーション工法(N値=1.1の超軟弱地盤)

尾瀬国立公園 尾瀬沼(群馬県片品村)

2017/03/22




・尾瀬国立公園 尾瀬沼 南岸線歩道
床板:国産木材―地場産木材の活用
構造:GRP(ガラス繊維強化プラスチック材)―構造体の長寿命化
基礎:ピンファウンデーション工法(ダイヤモンドピアー)―軟弱地盤での沈下防止

Related Images:

照葉ノ池(新潟県糸魚川市)

2017/03/17



中部山岳国立公園特別保護地域の北端、糸魚川ユネスコ世界ジオパークの栂海新道の終点に位置する照葉ノ池。照葉ノ池は標高約2200mの稜線上の高原にあります。冬の積雪は少なくとも4m以上となり春になると雪が融け、池や湿原を形成します。木道に作用する積雪時の雪の沈降力や、雪融け時に水中に沈む木道自体の浮力は凄まじく、改修前の木杭の木道は頻繁に破壊されていました。この特殊な環境の豪雪地で、壊れない木道をつくる為にピンファウンデーション工法が採用されています。

中ノ倉展望台(山梨県巨摩郡)

2017/02/20

 

・富士箱根伊豆国立公園

・富士山ビューポイント本栖湖西岸園地 中ノ倉展望台(2016年11月30日)

床板:木材

高欄:木材

構造:アルミ合金

基礎:ピンファウンデーション工法

上高地(長野県)

2017/01/20

中部山岳国立公園 特別地域

特別名勝・特別天然記念物

床板・高欄:長野県産材カラ松

構造:スチール

基礎:ピンファウンデーション

浜離宮恩賜庭園 中島橋(東京都)

2017/01/11

国の特別名勝及び特別史跡の浜離宮恩賜庭園に、1902年当時の中島橋を現代木橋として復元しました。構造体には国産材の無節の欅(けやき)を使用し、その他部材には檜を使用しています。

北但ごみ処理施設(兵庫県)

2016/09/13



国産材を使用した木道です。

早野聖地公園(神奈川県)

2016/07/19

 

川崎市西部に位置する早野聖地公園にデッキ階段を施工しました。

現場は急斜面地の為、人力施工が可能なピンファウンデーション工法が採用されています。

 

 

12