News

じょーもぴあ宮畑(福島県・宮畑遺跡)  

2017/06/23




・じょーもぴあ宮畑(宮畑遺跡)
基礎:ピンファウンデーション工法
構造・高欄・床板:ハードウッド(イペ)
貝塚・古墳・城跡・植物天然記念物(遺跡・史跡)などの整備で、ピンファウンデーション基礎工法が採用されています。
史跡に木道やデッキを計画するとき、その基礎をコンクリート基礎で考えてしまうと、運搬・施工時に重機が必要な場合もあり、工事の際に史跡を荒らしたり、傷付けてしまう場合もあります。この点に関して、ピンファウンデーション工法を使うと、文化財の保護を第一に考えた設計をし、史跡に配慮した人力施工が可能です。

二ツ池公園(神奈川県)

2015/08/25

 

 

神奈川県鶴見区に位置し、その名の通り獅子ヶ谷池と駒岡池という

二つの池から成る二ツ池公園に親水デッキを施工しました。

排水や遮水することなく、水の張った現況のまま水中施工可能な

ピンファウンデーション工法が採用されました。

また構造部材にはアルミ合金、床板部分には再生木材を使用し、高い耐久性が期待できます。