News

照葉ノ池(新潟県糸魚川市)

2017/03/17



中部山岳国立公園特別保護地域の北端、糸魚川ユネスコ世界ジオパークの栂海新道の終点に位置する照葉ノ池。照葉ノ池は標高約2200mの稜線上の高原にあります。冬の積雪は少なくとも4m以上となり春になると雪が融け、池や湿原を形成します。木道に作用する積雪時の雪の沈降力や、雪融け時に水中に沈む木道自体の浮力は凄まじく、改修前の木杭の木道は頻繁に破壊されていました。この特殊な環境の豪雪地で、壊れない木道をつくる為にピンファウンデーション工法が採用されています。

黒川よこみね緑地(神奈川県)

2014/03/03

再生木材を使った八つ橋です。

溜川公園(岡山県)

2009/04/08

溜川公園

大聖寺デッキ(石川県)

2007/06/08

大聖寺デッキ

大聖寺デッキ

春日山公園(滋賀県)

2006/04/08

春日山公園

2006年3月
ピンファウンデーション木道