News

尾瀬国立公園 尾瀬沼(群馬県片品村)

2017/03/22




・尾瀬国立公園 尾瀬沼 南岸線歩道
床板:国産木材―地場産木材の活用
構造:GRP(ガラス繊維強化プラスチック材)―構造体の長寿命化
基礎:ピンファウンデーション工法(ダイヤモンドピアー)―軟弱地盤での沈下防止

Related Images:

名胡桃城址(群馬県)

2016/07/16

 

群馬県みなかみ町にある真田家ゆかりの地、名胡桃城址に階段を設置しました。

構造部材をアルミ合金にしたことで、現場での施工性を向上することが出来ました。

床板には耐久性の良い再生木材「ドゥーザーウッド」を使用しております。

摩耶の滝遊歩道(群馬県)

2016/04/18

 

群馬県四万温泉からほど近く、摩耶の滝へと続く遊歩道の整備を行いました。

現場地盤は岩盤層の為、岩盤対応のロックファウンデーション基礎が採用されました。

世田谷区民健康村 ふじやまビレジ(群馬県)

2016/01/08

 

 

群馬県川場村に位置する自然に親しむ施設内に簡易橋を設置しました。

再生木材を使用しており、高い耐久性が期待できます。

前橋駅前デッキ(群馬県)

2015/10/08

 

 

前橋駅前の大通り沿いに歩行者の憩いの場としてデッキを設置しました。

再生木材を使用し、温かみのある空間となっています。

前橋こども公園接続デッキ(群馬県)

2012/02/10

建物と園路をつなぐ接続デッキです。再生木材「ドゥーザーウッド」を床板に使用しています。

前橋こども公園(群馬県)

2011/11/21

前橋こども公園内のせせらぎデッキです。床板には再生木材「ドゥーザーウッド」を使用しています。