News

殺生石(栃木県)

2017/10/04



・名勝 殺生石
・日光国立公園 那須湯本
殺生石の付近一帯には火山活動による硫化水素、亜硫酸ガスなどの有毒な火山性ガスがたえず噴出しています。観光地として名高い殺生石には多くの観光客が訪れ、その観光の為に遊歩道として木道が整備されています。しかし、近くで火山性ガスがたえず噴出する厳しい自然条件では、従来通りに木材を使用すると施設の長寿命化を望めません。また金属材料を使用すると腐食の恐れもあります。その為、木道の構造体には木材や金属材料ではない、ガラス繊維強化プラスチック材のGRPが採用され、施設の長寿命化が図られています。

・竣工:2017年
・構造:GRP ガラス繊維強化プラスチック

Related Images:

駒止の滝 観瀑台(栃木県)

2017/09/27






那須高原に流れ落ちる、翡翠色の滝壺が美しい駒止ノ滝。その滝を見下ろすことができる観瀑台は重機が使用できない岩盤の斜面に建ち、GL-FL高さは最大で約8.5mあります。基礎には岩盤用簡易基礎工法のロックファウンデーション工法が採用され、人力のみで基礎を施工しています。床板と高欄には栃木県産材の八溝(やみぞ)杉を使用し地産地消に貢献するとともに、温かい質感の木材を採用することで景観との調和を図っています。

日光国立公園 駒止の滝
竣工:2010年
基礎:ロックファウンデーション
構造:スチール
床板:スギ
高欄:アルミ合金+スギ

牛池園地(群馬県)

2017/08/31




群馬県吾妻郡嬬恋村 上信越高原国立公園
基礎:ピンファウンデーション工法(N値=1.1の超軟弱地盤)

歌津館崎魚竜化石観察施設(宮城県)

2017/04/04





床板にはGRP(ガラス繊維強化プラスチック材)のグレーチングパネルが採用されている。

・歌津館崎の魚竜化石産地及び魚竜化石 観察施設
・国指定文化財 天然記念物
・竣工2017年2月

Related Images:

照葉ノ池(新潟県糸魚川市)

2017/03/17



中部山岳国立公園特別保護地域の北端、糸魚川ユネスコ世界ジオパークの栂海新道の終点に位置する照葉ノ池。照葉ノ池は標高約2200mの稜線上の高原にあります。冬の積雪は少なくとも4m以上となり春になると雪が融け、池や湿原を形成します。木道に作用する積雪時の雪の沈降力や、雪融け時に水中に沈む木道自体の浮力は凄まじく、改修前の木杭の木道は頻繁に破壊されていました。この特殊な環境の豪雪地で、壊れない木道をつくる為にピンファウンデーション工法が採用されています。

小網代の森(神奈川県三浦市)

2017/03/01

生態系がそのまま保存されている、関東でも貴重な自然の森「小網代の森」。
自然環境への影響を最小限に抑えるため、木道の基礎工法にピンファウンデーション工法が採用されました。
床板には再生木材、構造材にはアルミ合金をもちいており、いずれも高耐久性でありながら、
環境に優しい材料を使用しております。

●物 件 名:小網代の森
●施 主:横須賀三浦地域県政総合センター
●施工年月:平成25年3月
●使用材料:基礎:ダイヤモンドピアー基礎(DP-S)
構造:アルミ合金
床板:再生木材
手摺:アルミ合金

中ノ倉展望台(山梨県巨摩郡)

2017/02/20

 

・富士箱根伊豆国立公園

・富士山ビューポイント本栖湖西岸園地 中ノ倉展望台(2016年11月30日)

床板:木材

高欄:木材

構造:アルミ合金

基礎:ピンファウンデーション工法

上高地(長野県)

2017/01/20

中部山岳国立公園 特別地域

特別名勝・特別天然記念物

床板・高欄:長野県産材カラ松

構造:スチール

基礎:ピンファウンデーション

豊根村木道(愛知県)

2014/05/29

茶臼山スキー場の散策木道を、ピンファウンデーション工法とアルミ合金と再生木材を組み合わせて施工しました。

健康こどもの森(神奈川県)

2014/03/25

日本最長クラスの空中回廊を施工しました。幅員1.2m、総延長700mで現在500mが完成しており、2015年4月に開園予定です。自然環境への負荷が少ない基礎工法の「ピンファウンデーション」が採用されました。

空中回廊の材料としてアルミ合金やFRPグレーチング、再生木材、ルミナスウッド(蓄光材入再生木材)が使用されています。施設の長寿命化と景観性、機能性を最大限に生かした材料選定となっています。

12