ヘキサパイル

照明中・サイン・看板の新基礎工法

ヘキサパイル工法は、照明柱・サイン・看板の基礎工法です。従来の基礎工法では、現場でコンクリート基礎を打設するか、箱抜きされたコンクリートブロックを地中に埋め込むのが一般的でしたが、このヘキサパイルは重機を必要とせず、ハンディタイプの電動工具で打ち込むだけで施工できます。

施工方法

施工手順

01.定着ブロックの据付
04.ピンの打込み完了
02.定着ブロックの仮固定
05.キャップの取付
03.ピンの打込み
06.完成

仕様

種類

テトラタイプ

ヘキサタイプ

打込みピンの仕様

φ48.6 x 3.2t

φ48.6 x 3.2t

打込みピンの本数

4本

6本

技術